Home > アーカイブ > 2009

2009

ND-S1用アナログトランス式電源

senrihin309.jpg
届いたヨー。
EL SOUNDからND-S1用の電源が発売されたので、思わず発注してしまいました。
電池式やら特注も受け付けて貰えたようですが、オーソドックスにそのまま注文。
LEDの色を変えて貰ったり、電源スイッチを付けて貰ったりするのもありでしたけどね~。
電源もエージングが必要と言うことで、現在猛烈に稼動中。
……とは言え、私の耳で違いが分かるかどうかは怪しいものですが(笑)。

FF13途中経過

噂に違わぬ一本道RPGですね。
話が一本所か、進む道も一本道です。
世間ではクソゲーと言われるのも、非常に納得できます。
私はと言えば、それなりに楽しんでいます。
話の道中だからですかね~。
まだ、普通に楽しめております。
……しかし。
すでにクリア済みの知人が言うには、一切自由度無し。
11章で僅かに動けるそうですが、いやはや……。
基本的にムービー→一本道の移動画面→戦闘→ムービー→一本道(ry)
と言う流れで、攻略本すらいらないんじゃないか、これ(笑)。
戦闘も普通にコマンドを打ち込んでいると間に合わないので、結局自動選択で○ボタン連打と言う情けない事態に。
しかも、雑魚的でも戦闘に異様に時間がかかるんだ(笑)。
エンカウントする強めの雑魚敵だと、倒すのに10分近くかかくとか、もうね。
何が言いたいかと言うと、RPGである必要がなかったんじゃないか、と言う事です。
TRPGには戦闘が一切ないRPGも存在するので、こう言うのをやってない人には分からない感覚でしょうが……それを踏まえても、FF13はRPGである必要がない!
バイオハザードとか、更に極端に言えば、シャドウ オブ メモリーズ的なゲームの方が合ってるのでは……。
アクションゲームでもいいですね……と思ったけど、アクションゲームでストーリー重視はテンポが悪すぎて困ります(笑)。
やはりシャドウオブメモリーズ的な、アドベンチャーゲームの方がしっくりくるでしょう。
RPGをやりたいならFF13はやるな、と言う結論になってしまいましたが、事実だから何とも言えません。
強くなった爽快感を味わう事もありませんし、成長の喜びは皆無です。
クソゲーでは無いですが、2度目は楽しめないでしょうし、微妙なのは否定できません。
RPGをやりたいなら、正統派をお勧めしておきますよ。

サンタさん色々

senrihin308.jpg
本日の補給物資。
ちょっと前に届いた物もありますが、そこはご愛嬌!
受注生産のフィギュア2作品と、少女病のメジャーデビューシングル「蒼白シスフェリア」です。
少女病は……いつも通りで安心しました(笑)。
しかしメジャーデビューしてしまうと、寂しい物がありますねえ……。
Asrielの時もそうでしたが、同人だからこそ出来る事もありますからね~。
無難になってしまわないように、祈ります。

全文を読む

嬉しい悲鳴?

EL SOUNDのND-S1用電源ですが、28日発送予定だそうです。
年越えると思っていましたが、意外に早い。
どちらにせよ楽しみなのですが……。
C77ですよ、C77。
お気に入りのサークルが、何故か揃いも揃って2枚以上出すと言う始末。
何なの、これ。
申し合わせたかのように、何なの!?
楽しみが増えると言えばそうなのですが……諭吉さんが一杯飛んでいくww
まぁ、コミケ関係だと、毎回5万程度は飛んでいくので覚悟は出来てますですよ、ええ。
……同人誌の方は買わないので、まだマシだな、これは(笑)。

ND-S1の電源

EL SOUNDより、ND-S1用の電源が発売されたようです
これは中々興味深いですね~。
ND-S1の電源の貧弱さは度々指摘されていましたから、こう言う商品はありがたいですよね。
特に自作できるような人はいいのですが、そうで無い人にとっては重要です。
例えば私とかね!
取り敢えず、興味を持ったのでポチってみました。
届くのには時間が掛かりそうですが、そもそも恐怖のC77が待ち構えているため給料日以降がベストです。
あ、C77の予約品の金額はすでに凄い事になっています。
なんで主要サークルは2枚以上出して来るんだよ……(苦笑)。

FF13

senrihin307.jpg
結局、買ってきたんだぜ。
何だか微妙に寒気がするような気がしないでもないけど、取り敢えずプレイ開始。
相変わらず画像は綺麗です、キャラが妙にリアルで気持ち悪い(笑)。
カメラワークが原因なのか、動作が原因なのかは分かりませんが、移動画面でキャラが妙に操作し辛いです。
狙った所に上手く動かせないと言うか。
慣れの問題だと思いますが、何故だろう。
キャラの歩幅と移動速度が合ってないのかも知れません。
戦闘はコマンド方式のATBですが、今までとは確かに違いますね~。
思ったよりもテンポはいい感じ。
複数回行動できるからでしょうか。
しかし、知人がそこからもっと先に進むと、なげーと感じるようになるよ。
と言っていたので、一抹の不安を感じたりもするわけですが、取り敢えず進めてみない事には分かりませんね。

iPodclassic

senrihin306.jpg
結局買っちゃいました、あはははははは。
さて、初めて触るiPod classicですが、いや、これは非常に大きいですね。
私が持っていたiPod miniよりも全然大きい。
厚みは薄くなっていますが、横幅がコレだけあると、持ち歩くのは大変そうです。
まぁ、私の場合はND-S1に接続するための物ですから、持ち歩きは考えなくていいんですけどね。
しかし、背面の鏡面仕上げがカッコイイですね。
すぐに傷……どころか、指紋でべたべたになってしまうのが難点ですが(笑)。
USBケーブルは付属の物と交換するために購入。
中々売って無いんですよね、1mぐらいの奴が。
通常の物なら見つかるんですけどねえ。
取り敢えず、付属の物と交換。
ケーブルは黒類が多いので、多少はスッキリ……してるか?
して無い気がするな(笑)。
classicを購入したと言う事で、さっそくFLACをWAVに変換……して試してみたのは良かったのですが、当たり前ながらタグが全部消えてる……。
これをやり直すのはさすがに考えたくありません。
ついでに言えば、WAVだとアートワークが使えないため、一見してどのアルバムか判断できなくなります。
……仕方が無いので、外部HDDと2nd機を使って、再びCDからのリッピングをする事にしました。
今度はWAVではなく、AIFFでインポート。
リッピングなら、最初からタグ付きで取り込めるため、作業自体は普段よりもスピーディ。
メインで使っているfoobar2000の方はこだわりますが、iTunesの方は結構適当(笑)。
今日は、殆ど、その作業を行っておりました。
しかし……まだまだCDはありますからね……。
全部入れていてはキリがないので、厳選して入れる事にしましょう。

1 / 1912345...10...最後 »

Home > アーカイブ > 2009

フィード

Return to page top

Back to Top ↑