Home > アーカイブ > 2011-05

2011-05

調光器対応 LED電球

senrihin419.jpg
箪笥上の調光機能付きの照明に使っていた、電球型蛍光灯がどうやら逝ったようです。
購入したのは何時だったか……と雑記を遡ってみた所、09年8月22日に購入したようですね。
基本的に部屋にいる間は点けっ放しですが……まー1年以上もってはいるので、上等の部類ですかね、多分。
実際、箪笥周辺の灯かりが消えると、部屋の中がかなり暗くなりました。
こりゃーいかん、と言う事で、さっそくAmazonさんに発注。
届いたのが調光器対応の、こちらのLED電球です。
我が家で3つ目のLED電球になるのかな?
全て東芝製になりますが(笑)。
本体の値段よりも、PCやオーディオ機器で部屋に熱が篭ってしまう私の部屋では、発熱の低さはかなり重要です。
感想などは、また後ほど。

Pure2

senrihin418.jpg
そう言えば雑記をあげてなかった、と言う事で25日の戦利品。
AQUAPLUS渾身の高音質CD、Pure2-ULTIMATE COOL JAPAN JAZZ-であります。
私自身は勿体無い事にSACDプレイヤーは持っていないのですが、通常のCD面でも音質の良さが分かる程、録音状態が宜しいのは相変わらず素敵ですね。
ただ、残念ながら前作のLEGEND OF ACOUSTICSを超えたと言えば……難しい所ですね。
あくまで個人的な好みですが、前作の方が良かったと思います。
JAZZうんぬんじゃなくてね。
こう言うのを聴いていると、SACDプレイヤーが欲しいなー、と思う反面、余りにも聴くCDが少ないので勿体無いと思うのも正直。
そもそも、CDケースを入れ替えて、すでに封印してあるんじゃないか?(笑)

博麗霊夢~松倉ねむver.~

001


作品名 東方Project
メーカー コトブキヤ
スケール 1/8
サイズ 約200mm
原型製作 横嶋真平(剛本堂)
発売日 2011年05月
定価 7,140円
お気に入り ★★★★☆
レビュー日時 2011年05月27日


全文を読む

霊夢は不可解です

senrihin417.jpg
コトブキヤの霊夢 ねむver.をゲット。
しかし、アレですよ。
魔理沙はズロースだったのに、霊夢はパンツなのは何でなんだぜ?
不可解だ……。

XGPS150 使用感

さて。
XGPS150を、実際に仕事帰りに使ってみたので感想などを。
結論から言うと、予想よりもかなり正確に現在位置を認識してくれるようです。
さすがにカーナビのようなビシッとした精度は無理がありますが、誤差は数m以内で済んでいるようです。
拡大すると明らかに通った道から外れてたりもしますが、細かい動きまで良く捕らえていると思いました。
拡大して見るからズレて見えるだけであって、縮小地図全体として見れば通った道が確実に確認できるぐらいの精度となります。
これはいいですね。
GPSで現在位置を確認できるようになったのであれば、使うアプリも変化しそうです。
GPSが使えないからと、使用を諦めていたアプリが幾つかありますからね。
……さて、これでGPS目的で購入を考えていたiPad2の購入理由が1つ減りました。
絶対に必要なアイテムではありませんからね……どうしよう(笑)。

増殖するアレ

senrihin416.jpg
本日の補給物資。
コトブキヤからバード シルファ。
ネイティブから智恵の到着。
シリーズ物だからと購入するのは止めて、気に入った物だけを買った方がいいよね。
と言う事でシルファはポチッたのですが、これが思いのほか出来が良かった!
これは撮影したら楽しそう。
智恵は……ド直球なエロフィギュアでした。
ついでに1/6だけあって、かなりデカイ。
……バスタブ付き買わんで良かったよ(笑)。
こちらは、デコマスと比べるとやや色味が薄いかな? と思いましたが、ほぼサンプル通りの出来。
さすがの完成度です。
しかし、思ったよりも置き場所に困るな、これ……(笑)。

XGPS150

touchを購入した時の生活の変わりようは、まさに驚異的と言うしか無いほどでしたが、やっぱり使えないと知ると使いたくなるGPS機能。
wi-fiでも位置情報を知る事はできますが、かなり大雑把な計測しかできず、尚且つ場所が限定されてしまいます。
何とかならないかなあ……と色々と調べていた時に、知ったのがこちらの商品です。
と言う事で、XGPS150の紹介です。
Dual Universal Bluetooth GPS Receiver
Bluetoothで接続可能な、外付けのGPSレシーバーになります。
iPod touch、iPad、iPhoneに対応していて、本体自体もかなりコンパクト。
内蔵充電式で、最大連続使用時間は8時間となります。

全文を読む

1 / 212

Home > アーカイブ > 2011-05

フィード

Return to page top

Back to Top ↑