Home > アーカイブ > 2013-06

2013-06

Eye-fi Mobi 8GBを買ってみた

SONY DSC

Eye-fi mobiを買ってみました。
親がRX100の液晶で写真を見つつ談話していたので、「カード替えればiPadで撮った写真すぐに見られるよ」と言ってみた所、何故購入する羽目になりました、御機嫌よう(笑)。
まー、私も興味あったのですけどね。
写真はJpegやPNGしか送信できないので、容量はそんなに要らないよね、と8GBを選択してみました。
今仕様を見たら、RAWは無理だけど、動画は普通に送れるのね・・・(笑)。

全文を読む

顎が外れた乙女

SONY DSC

どーん!

SONY DSC

どーん!

SONY DSC

どどーん!

全文を読む

AXE オーバーサングラス SG-605P

SONY DSC

眼鏡を新調したついでに、サングラスを購入してみました。
以前は眼鏡に直接取り付けるタイプの物を使っていたのですが・・・レンズにクリップで挟む関係上、どうしてもレンズに傷がついてしまいます。
最初は大丈夫でも、段々傷が深くなって、やがて視界の片隅に分かるほどの白い塊が見えるようになって、とっても不快です。
そこで今回は、眼鏡の上から掛けるタイプの物をチョイス。
色々種類はあるみたいですが、視界が広く取れる物を選んでみたつもりです。

今回購入したのは、AXEの偏光オーバーグラス。
傷が付きやすそうな感じがしたので、迷わずケースがセットになった物を注文しました。
邪魔にはなるでしょうが、このタイプの物はケースがないと不便そうですからね。

全文を読む

眼鏡を新調しました

SONY DSC

今回は完全にチラシ裏なお話ですが、眼鏡を新調しました。
何年ぶりだろ・・・いや、本当に(笑)。
私はかなり目が悪く、近視、遠視、混合乱視に合わせ弱視と言う、スペシャルなコンボに見舞われていて、実にファックであります。
まー、弱視の方はいつの間にか治っていたのですけど(笑)。

この眼鏡を作った時には、右も左も1.0程度だったと思いましたが、右が0.4ぐらいまで下がっていたので、これはいかん! と眼鏡屋さんに飛び込んだわけです。
今までは東海ではお馴染みの赤札堂で作っていたのですが・・・今回はキクチさんにお願いする事に。
近くにある店舗の方がいいよね!

それにしても、画像が小さいのに不穏な空気!

全文を読む

真・女神転生4 途中経過

クリアしてから書こうかと思いましたが、まだまだ先は長そうなので、ここいらで一端感想を書いてみたいと思います。

私がこのシリーズに手を出したのは、友人のときかぜ君から女神転生2(FC)を買い取った事が始まります。
それから真・女神転生、真・女神転生2、デビルサマナー、ソウルハッカーズ、ペルソナ、ペルソナ罪/罰、ペルソナ3、ペルソナ4・・・と結構飛び飛びですが、プレイしてきました。
しかし正当なシリーズでは、真・女神転生2を最後にプレイしてないのですよね。
ソウルハッカーズはifの世界なので、メガテンのナンバリングとはちょっと違いますからねー。
ですので、今作は物凄く久々にプレイするメガテンになります。

全文を読む

Jot Touch4で使ってみたお絵描きアプリ『ArtStudio for iPad』

Jot Touch4を手に入れてから、対応のお絵描きアプリを幾つか試してみましたが、生き残った・・・もとい、最後まで使おうと思ったのは、『ArtStudio for iPad』でした。
お値段は、この雑記を書いている時点で『450円』。
お価格以上のスペック・・・と言うか、機能を考えれば安すぎるぐらいです。

mono1294

全文を読む

adonit Jot Touch4

SONY DSC

新しいスタイラスペンを導入してみました。
とは言っても、私自身はスタイラスペン自体は殆ど使用していないのですが(笑)。
今回購入したのは、adonit社の『Jot touch 4』。
Bluetooth4.0に対応している、充電式のスタイラスペンです。
筆圧感知が導入された謎技術のスタイラスペンで、旧型と比べるとかなり手が加えられているようです。
待機時間は貫禄の90日、連続使用時間は100時間と、何だかよく分からない数値になっています。
何これ、結構凄いんじゃね?
ペアリングも簡単で、第三世代以降のiPadで対応アプリを起動/設定し、Jot touchのボタンを押しっ放しにするだけ。
以降は、ペンの電源を入れるだけで勝手にペアリングしてくれます。
ちなみに当たり前ですが、非対応の機種(Androidタブレットとか)でも、普通のスタイラスペンとして使えます。
では早速開封してみましょう。

全文を読む

1 / 212

Home > アーカイブ > 2013-06

フィード

Return to page top

Back to Top ↑