Home > ドール | 買い物 | 買い物レビュー > リリアさんをお迎えしました

リリアさんをお迎えしました

SONY DSC

リリアさんイヤッホオオオォオオ!!
ついに。
ついに禁断のドールに手を出してしまいました……。
気付いたらポチってた。
反省はしてない。
ようするに、一目惚れって奴だね!

SONY DSC

記念に裏も撮影。
フィギュア撮影ならバッチ来い! 状態の私ですが、1/3ドールを撮影している姿は流石に家族には見せたくないので、何時もの撮影セットは組みませんでした。
尚且つ、部屋の外の様子を気にしつつ、かなり急ぎで撮ったので枚数等も殆どありません(笑)。
詳細レビューは今度する事にして、今回は手に入れた喜びを表現したい!

SONY DSC

さて、ご開帳ー。
中味はご覧の通り。
リリアさん本体と、衣装、マニュアル冊子、二丁拳銃ですね。

mono-1369

公式サイトのセット内容には何も記載されていませんが、オビツ製ボディ・・・と言う事で、金属ベースが付属しています。
オビツ50の足パーツにはマグネットが仕込まれていて、素足であればスタンド無しでも自立する事が出来ます。

mono-1370

冊子の方はストーリーブック、説明書、ドールお手入れブック、アンケートはがき。
ストーリーブックなんて書いてしまいましたが、公式に掲載されている程度の情報しか載っていません。
ちょっと肩透かしな感じですね。

SONY DSC

リリアさんとご対面ー。
ビニールに二重に覆われているため、髪がぺったんこですね(笑)。

SONY DSC

リリアさん覚醒。
素っ裸で眠っていました。
実はこの写真のリリアさんは、すでに改造済みだったりします。
開封して一番最初にやる事が改造ってのはどうなのよ、オビツさん(笑)。

ちなみに改造・・・と言うのは、アゾンの1/3ドールの素体として使われている、オビツボディの手首の事です。
購入直後のデフォルト状態ですと、

mono-1371

手首はこんな感じで、左右にしか曲がりません。
曲げられません。
このままでは、バイバイしかできない!
明らかに人として不自然・・・!
一体、どう言う仕様なのよ(笑)。
そのため表現力に色々と限界が出てしまうので、簡単な改造を行ってやる必要があるわけです。
いえ、絶対やらなければいけないわけではないですけどね。
しかし可動範囲の広さで威厳を保っているようなボディですから、手首の表現力が抑えられてしまうのは良くありませんよね。
宜しい、ならば改造だ。

mono-1372

間は省略、改造結果。
ハンドパーツが360度回るようになったので、左右のみならず、前後にも曲がるようになりました。
これで微妙な仕草も表現できますね。

SONY DSC

裸のままでは何なので、パッと着れる衣装を身に着けさせました。
かえってエロス。
知人に見せたら、えらく取り乱してました。
取り敢えず、落ち着け、知人よ。
髪の方は最初はぺったんこなので、オイルミストを使って整えてあります。
ちゃんと前髪も分けましたよ!

SONY DSC

これがリリアさんか・・・。
何と可愛らしい。

あ、ちなみに今まで書いてませんでしたが、私は入れ目が苦手です。
入れ目でこれは素晴らしいと思うドールもあるにはあるのですが・・・ほぼカスタム物で、お金もかなり掛けているような物が殆どなので、今の私には望むべくもないな・・・と言う事で、一目惚れしたアゾンドールに一直線。
完全にフィギュアの延長戦ですけどね。
一先ずは、部屋に堂々と飾るかどうか悩んでおきます(笑)。

コメント:0

コメントフォーム
Remember personal info

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://mlkt.sakura.ne.jp/blog/2013/07/azon-doll-lilia.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
リリアさんをお迎えしました from 月光お茶の間雑記

Home > ドール | 買い物 | 買い物レビュー > リリアさんをお迎えしました

フィード

Return to page top

Back to Top ↑