Home > ドール > 【オビツ50】がに股を改善してみた

【オビツ50】がに股を改善してみた

mono-1849

50cmドールを入手してから、ここが気に入らない、あそこが気に入らない……と、どんどん素体に手を入れている対月です、御機嫌よう。

オビツ50は可動範囲も広く、よく動く素体ですが、それでも微妙なポーズをとらせたくても出来ない場合があります。
その内のひとつが、股関節周辺の可動域。
今回は、その辺りを改善してみたいと思います。


mono-1832

そんな訳で、リリアさんは既に手術済みなので、無改造のルルナに頑張って貰いましょう。
裸だと流石にアレなので、下着は着せてあげました(笑)。

ルルナは50cmドールではなく、リリアさんよりも股、脛が1cmずつ短い48cmドールになります。
脚が長すぎるオビツ50よりは、正直バランスは良いです。
ただ、今度は腕が長すぎるので、やはり50cmドールの方が良いなあ……(笑)。
それはそれとして、特に何をするでもなく、普通に素立ちが出来るのはオビツ製品の素晴らしい所ですが……。

mono-1833

それでは脚に注目。
これでも目一杯足を閉じていますが、これが限度です。
踵がピッチリと閉じてくれません。
若干がに股気味……と言う事になりますね。
リリアさんが我が家に来た時はどうだったかな……覚えてないや(笑)。
これが、どのように影響するかと言うと……。

mono-1834

座らせてみると良く分かりますが、膝頭がくっつきません。
極端なO脚ですね。
と言うか、立っている時に踵がくっつかない時点でO脚ですらありません。

mono-1836

脚を組んでみても、どこぞやのおっさんっぽくなりましたね。
知人に見せたら、男らしい! とか言われました(´・ω・`)
色気のある足の組み方なんて出来ません。
と言うか、美しくないっ。

それでは、この状態を打破するため、改造を行っていきたいと思います。

SONY DSC

取り出しましたのは、ボディから取り外したルルナの脚。
グロですね。
画像内の右側が、モモ付け根パーツになります。
これに太股の外皮を被せたのが、左側。
がに股になると言う事は、パーツの可動範囲がそこまでしか無いからです。

SONY DSC

しかしモモ付け根パーツは、外皮が無ければここまで曲げる事が出来ます。
つまり原因は、外皮によって可動範囲が妨げられているから……と言う事になります。
だったら話は早いですね。
股の付け根部分を削ってしまえば良いわけです。

SONY DSC

そんな訳で、こちらがモモ付け根パーツを収める外皮です。
画像右側が前、左側が後ろになります。
赤く色を付けてある部分を、ざっくりと削り取ります。
結構大胆に切り取ってしまっても大丈夫です。
心配なら、モモ付け根パーツを外皮に戻して確認しつつ、少しずつ削っていくと良いですね。

穴は下に広げるだけでなく、正面側も削ってやると、更に良い感じに可動範囲が広がります。
この辺りについては、Team LollyPop Main様に詳しく解説が載っています
(註:該当記事が削除されたようです)

SONY DSC

ガッツリと削り取った後の図。
しつこいようですが、右側が前、左側が後ろになります。
関節の保持力はモモ付け根パーツや膝パーツによって支えらているので、外皮は殆ど影響しません。
スッポリ抜けてしまう程削らなければ、保持力には問題は無いと思います。
ただ、正面も削ると裸体での見た目が悪くなりますので、注意して下さい。
見た目を重視して可動範囲を妥協するか、見た目が多少気になっても動いた方が良いのか、そう言う選択肢になります。
私は動いた方が良いので、正面側も削っています。

なお、画像では切り取ったままですが、この後にでもリューターや紙やすりで形を整えてやるのが良いです。
大事な部分ですからね。

それでは、実際に改造の結果を見てみましょう。

mono-1841 mono-1842
 

ビシッ!
と足が閉じています。
素晴らしいじゃありませんか。

 mono-1841 mono-1832

比べてみると、一目瞭然ですね。
実際には僅かな違いではありますが、その差は大きいと感じています。
股関節の可動範囲が広がった事によって……。

mono-1843

脚をクロスして立たせてみたり、

mono-1844

実に女の子らしい、S字立ちポーズもいけます。
いやー、無理なくポージング出来るのは良いですねえ。

mono-1845

勿論、脚が内側に曲がるようになったため、脚組みも美しく。
まー、流石に外皮の関係で人間のようにはいきませんが、それでも改造前に比べたら雲泥の差です。

mono-1846

姉妹でお澄まし。
揃えられた両脚の美しさは、女性ならではですよね。
隙間が開いたら台無しですが(笑)。

後はこれで、正座が出来るようになれば完全体により近づくわけなのですが、外皮がある以上、厳しいかなー。
色々な記事を読み漁ってみる限り、改造その物は可能だけど、見た目が激しく悪くなると言う(笑)。
何はともあれ、これで少しは表現が広がりそうです。

コメント:10

オジー 14-02-11 (火) 8:30

はじめまして対月さん。
楽しく拝見させていただいています。
オジーと申します。
昨年末からアゾンにハマったおろか者です。
(ネールができるPCが調子悪いので携帯メールを記載させていただきます)

昨日ライトや三脚を買い、いよいよ本格的に撮影ガンバッチャウゾといった所であります。
対月さんの撮影記事を1%も活かせてなかったり、昔から持っていたライトスタンドと発光色が違ったりとダメダメではありますが。

今回の記事の股関節改造もいいですね。
前方は隙間ができてしまうので悩んでしまいますが、下方向は隙間が目立たなそうですね。
AZO2は膝関節の腿側の隙間が48より広く、(人体構造ではありませんが)そこで若干内股にできるので、膝加工するのもありかなと考えています。

私も先月対月さんの記事を参考にリリアさんの首を縮めてみました。
いいですねぇ。だいぶ変わりました。
隙間が目立つのでルルナさん1stはどうしようか悩んでいますけど。
一長一短どころか多長一短ですが、一短で悩みますね・・・。
後でブログでも取り上げようかと思っているのですが、その際に対月さんのブログを紹介させていただこうと思います。
宜しくお願いします。

対月 14-02-11 (火) 14:04

初めまして。
管理人の対月と申します。
私はドールには手を出したら危ない……と思っていたのですが、リリアさんに一目惚れして、入ってはいけない沼に入り込んでしまった感じです(笑)。

ドール撮影は難しいですよねー。
その分、光をコントロールしてあげれば、動かないフィギュアでは出来ないような表現が出来て中々面白いです。
外で撮るのが一番面白いのでしょうが、流石に、その根性は私にはありません(笑)。

>>AZO2ボディ
いいですね。
AZO2は欲しいとは思いますが、単品発売はされてないので、中々……。
シャルは予約しましたけど、手元に届くのも大分先ですしね。

>>改造に関して
DDにもオビツにも、多かれ少なかれ不満はあると思います。
気になった事をちょこちょこーっと手直ししていくと、それによって別の問題が出るスパイラル(笑)。
取り敢えず、服を着た状態で不満が出ない方向で改造を進めているつもりです。
後は正座が出来るぐらい足が曲がったらなあ……とは思いますが、外皮内部に手を入れないといけなくなるので、正直迷う所です。
膝の隙間は目立ちますからねえ。

オジー 14-02-12 (水) 0:53

お返事ありがとうございます。
リリアさんに一目惚れ…わかります。それがわかった時点で沼に浸かってるんですけどね。
うちもシャルは予約してるのですが、オリジナルのAZO2新作も欲しくて困ります。
DDも試しに買ってみたのですが、オビツと組み合わせるのは個人的にバランスが悪く感じ、それぞれでやっていくしかないかなぁと思っています。

正座はなるほどそうきましたか。
でも内部を削ると恐らく安定しませんし、正座時に隙間ができる。
出来たとしてもモビルスーツの正座になってしまいそうですね。
通常時の見栄えにも影響大きいそうなので、いっそシフトボディとして腿脛裏加工。膝関節と脛を固定して腿から交換式というのが案としてありますが、脛の完全空洞をなくすためにそれ以上の難題を吹っ掛けられました。^^;

それにしても今度はルルナさんの腕の長さが気になってきました。うおぉ・・・。

対月 14-02-12 (水) 19:59

AZO2ボディは欲しくて困りますw
単体で発売してくれるのが一番ですが、当分は無理ですかねー。

>>正座
実はですねー。
オビツ40……PARABOX40だと、正座できるのです。
50との違いは、外皮の関節部分がくり抜かれている事。
骨格は50と同じですから、当然同じ事が50ボディでも出来るわけで。
しかし改造すると、膝の当然見た目も40と同じになるわけで……。
悩みますよねw

>>腕の長さ
専用の衣装を使っている限りは、短縮はお勧めしかねますねー。
MDD等の衣装も使うのであれば、短縮しても良いかと思いますが。
交換用を腕パーツを用意すれば問題ないですかね!

オジー 14-02-13 (木) 0:40

>正座
な、なんだってー!
調べてみましたが確かに。
隙間は予想通りでしたけど、製品化してるのですからガタつきは少ない(ない?)んでしょうね。
恥ずかしい!ドヤ顔で語ってた自分を殴りたい!
50改造されてる方のHPも見かけましたが想定以上に腿脛の隙間がないようですのでモビルスーツからは遠いですねー。
タイムマシンを頂ければ1日前の自分を全力で殴りに行きます。
外部にほぼ影響を与えない改造なのもいいですけど、やっぱり外皮のガタつきが心配です。
うちのAZO2さんは外れてから組んでみると腿内部構造だけで腿棒を保持できなかったので、これやったらすっぽ抜けますね・・・。

>腕
諦めましょう。(にっこり)
デフォ服すら着れなくなるのは考えてませんでした。ありがとうございます。

あと、うちの50さんズで脚具合を確認してみましたが、ルルナさんより内側にきてます。
2cm長い分寄ってるとも思ったのですが、腿の隙間が狭いので単純に若干角度が付けられてるんだと思います。
ルルナさんは下方向だけでも穴拡張しようかしら・・・。

対月 14-02-13 (木) 20:55

>腿内部構造だけで腿棒を保持できなかったので、これやったらすっぽ抜けますね・・・。
すっぽ抜けると言う事は、フレームの接続部がゆるゆると言う事でしょうか?
もしそうであれば、液体接着剤でフレームを太らせてやれば簡単に抜けなくなりますね。

>がに股
個体差だとは思いますけどねえ。
どちらにしても、表現が広がるので個人的には問題ないですw

ravewn 15-10-09 (金) 0:23

はじめまして、記事を参考にさせていただきました!
うちの子もがに股改善できました、ありがとうございます!

対月 15-10-25 (日) 14:13

あああああああああ。
コメント今気付きました……orz

取り敢えず、記事がお役に立ったようで何よりです、はい。

AA 17-08-20 (日) 2:04

はじめまして。
こちらのブログの画像がきっかけでドールを知り、お迎えに向けて色々調べています。
こちらのブログのミクさんがきっかけでしたが、当時は学生だったため、お迎えできる資金がなく……。
ようやく自分のお金でお迎えできるようになりましたので、ブログを参考にさせていただいておりました。
ドールお迎えのために必要なことの記事や、改造方法など、すごくわかりやくて大変助かっています。
写真のドールさんたちもすごくかわいらしくて、拝見しているだけでとても癒されます。

質問なのですが、オビツボディの膝部分(太腿から足先部分)のみを、DDの外皮に変更することはできるのでしょうか?
普段はオビツボディでガシガシ動かして、水着撮影などのときだけ、DDの外皮に組み換えたいと思っているのですが、サイズや構造的にはいかがでしょうか。
オビツ50ボディにDDの寄せ胸パーツを組み合わせたりだとか……。
素直にオビツボディとDDボディをお迎えすればいいのだと思いますが、スペースの問題と仕事の都合で引っ越しを控えているため、このような手段を考えています。
もし、お時間のあるときでも構いませんので、ご回答いただけましたら幸いです。

対月 17-08-24 (木) 1:08

初めまして、管理人の対月と申します。

さて、ご質問の件ですが……さすがにDDとオビツ50ではサイズがかなり違うため、基本的には合わないと思って頂いた方が良いです。
その代わりと言っては何ですが、オビツドリームと言うオビツ60のフレームをDDに組み込む方法はあります。
ただ、これは保持力のない旧DDフレームをオビツ級の保持力に置き換えるための改造手段ですので、ご希望の趣旨には合わないと思います。

コメントフォーム
Remember personal info

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://mlkt.sakura.ne.jp/blog/2014/02/doll-modification-2.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
【オビツ50】がに股を改善してみた from 月光お茶の間雑記

Home > ドール > 【オビツ50】がに股を改善してみた

フィード

Return to page top

Back to Top ↑