Home > ソーシャルゲーム > 艦これ その19 【AL/MI作戦 北太平洋MI諸島近海】

艦これ その19 【AL/MI作戦 北太平洋MI諸島近海】

mono-2451

ん~、さて、夏イベントも後1週間程になりましたね。
皆さんはもう、終わらせているでしょうか。
私は、まだE-5に取り掛かっていません(笑)。
取り敢えず、E-4の攻略を終えた所で資源が危なくなったので、周回の事も考えて資源を備蓄中であります。
掘れる新しい艦娘は、出来るだけ掘っておきたい故!


mono-2452

そんな訳で、E-4『MI島攻略作戦』です。
難易度的にはE-3より若干ですが、難度が上がっています。
しかし……まぁ、誤差の範囲ですわね(笑)。

このMAPでは上ルートと下ルートに完全に分かれるようです。
E-3そのままの構成でも攻略は可能のようですが、その場合は上ルートに向かい、2マス目から北東のハズレルートに進んでしまう可能性が高いらしいです。
逆に下ルートは向かう方向はランダムのようですが、北東のルートに進んでも、ハズレルートに進む可能性が低くなっているようです。
そのため、下ルートでの攻略が推奨されています。

下ルートに固定するための条件ですが、本隊にあきつ丸を配備するか、随伴部隊に駆逐艦4隻を配置すると、最初のルートのみ固定されるようです。
て言うか、よくあきつ丸の事発見したな!
廃提督って怖い。

ちなみに、あきつ丸なんていません。
知らない子です。
だから駆逐艦4隻コースだよ、ちくしょう!

mono-2453 mono-2454

そのため、編成は以上のようになりました。
駆逐艦が1隻増えて、重巡が1隻減っただけ!
ちなみにボスには魚雷が届かないため、駆逐艦はALL連撃装備になっています。
対潜水艦用に、対潜装備も搭載。
また拠点が相手のため、三式弾が有効になります。
駆逐艦が4隻のため火力不足が予想されますが、利根に三式弾を持たせて頑張ってみる事にしました。
装備の一覧は面倒なので、やりません^q^

mono-2455

上手くいけば、このようなコースを辿り、ボスへと到着します。
上ルートだと潜水艦マスなのでワンパンチの危険がありますが、こちらはド安定。
大破撤退は1回のみです。

mono-2456 mono-2457

ボスは中間棲姫。
耐久値が550ありますが、三式弾が有効なのでガリガリと削れます。
お供も大して強くなく、E-3に比べると耐久力が高い分厄介かな、と言う程度の印象。
ボスのみ夜戦の流れを守れば、まず負ける事はありません。

mono-2458 mono-2459

テンポ良く攻略を進めている間に、三隈とあきつ丸をドロップ。
まさかのあきつ丸をゲット。
三隈も4-2までしか攻略していない私にとっては高嶺の花でしたが、遂に我が鎮守府へ来てくれました。
このままあきつ丸を育てて使うのもありでしたが、すでにボス攻略まで残り2回まで来ていたので、そのままの編成で攻略を続行。
でも、周回プレイを考えるなら育てておいた方がいいのかな……?

mono-2460 mono-2461

ボスのゲージが終わり近くになると、最終形態へと移行。
耐久値が600に上昇します。
支援艦隊を入れるべきか迷いましたが、増えるのはたった50。
三式弾持ちが一人とは言え、オーバーキル気味に倒す事が多かったので、あえてそのまま突撃してきました。
結果。

mono-2462

利根大先生が、無事にトドメを刺してくれました。
1度も取り逃す事はなく、10回でゲージを破壊!
出撃回数21回。
ボス到達10回。
以上の結果になりました。
随分と出撃回数がかさんでしまいましたが、中盤までは非常に順調だったものの、終盤になって4回連続『気のせい』マスに逸れるなど、不運が重なった結果です。
大破による途中撤退は計3回。

mono-2463 mono-2464

クリア報酬は『時津風』に『応急修理女神』。
これで我が鎮守府に、第16駆逐隊(雪風、初風、天津風、時津風)が勢揃いした訳です。
壮観ですね。

mono-2465

て事で、明日からE-5に挑戦します。
雲龍は確保しておかなくては。

コメント:0

コメントフォーム
Remember personal info

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://mlkt.sakura.ne.jp/blog/2014/08/kankore-8.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
艦これ その19 【AL/MI作戦 北太平洋MI諸島近海】 from 月光お茶の間雑記

Home > ソーシャルゲーム > 艦これ その19 【AL/MI作戦 北太平洋MI諸島近海】

フィード

Return to page top

Back to Top ↑