Home > ドール > 【DD】初音ミクをお迎えしてみた レビュー編

【DD】初音ミクをお迎えしてみた レビュー編

doll-384


通販組への発送から店頭での引き渡しも開始し、もうそれなりの人には行き渡っているのかな?
そろそろ良さそうなので、前回の開封編に引き続き、ミクさん本体のレビューをしたいと思います。
と言うか、君たち、本当にミクさん大好きですね?
ミクさんが届いてからのミクさんへのアクセス数が、凄い事になってますよ?(笑)。


doll-386 doll-387


ますます手狭になって、背景紙を置くのが困難になってきたので、もう背景はそのままで行きます(笑)。
色々な物が色々と写りこんでいますけど、気にしないでっ!

さて、ミクさんにガッチリとデフォルト衣装を着込んで頂きました。
もう誰が見てもミクさんですね。
DDのボディでも、やはり肉感的にはボリュームが全然足りないのですが……。
何と言うか……その、ミクさんは元々無駄な起伏のないスリムな体型でいらっしゃるので、違和感がありませんね(何)。
ミクさんの身長は158cmなので、本来であればDDSの方がベストなのでしょうけど、DDボディになった理由は何でしょうねー。


doll-389 doll-405 doll-408


ドールのボディは大体共通なので、特に触れません。
大事なのは、ヘッドですよ、ヘッド。
やはり即日予約した時の衝動通り、非常に良い顔をしています。
ミクさんにしてはキリッとしすぎな感はありますが、ドールはつり目気味の方が可愛いと思っているので、これはこれでいいんじゃないかな?

アイは縦長。
ある程度の角度なら追視してくれるようですが、やはり白目部分が多いので限定的になりますね。
メイクは薄め。
そこがまたミクさんらしい。
ただ眉とアイラインが緑色のため、ウィッグを合わせるのは困難です。
基本的には緑系統のウィッグ以外は合わないと思って間違いありません。
そこが残念と言えば残念ですね。


doll-385


ウィッグはかなりキツキツ。
何故ここまでギリギリにしたのか。
余裕が無いので、シリコンキャップどころか通常のヘッドキャップですら被せるのが困難です。
正直、もう少し余裕を持たせて欲しかったなあ……。

前髪(横髪?)の一部だけが固められていますが、他は普通にサラサラ。
正直どギツイ緑色にビビっていたわけですが、届いてからずっとウィッグを装着しっ放しにしている物の、今の所色移りは無し。
今後は分かりません。
超ロングな髪のため、先端がかなり絡まりやすいです。
こまめにオイルミストを吹きかけてあげると良いのではないかと思いますね。


doll-388


右胸にはVOCALOIDの刻印。
小さい文字も読み取れるぐらい印刷はしっかりとしています。
布はサラサラテカテカな素材。
触り心地は良いです。


doll-396

しかし……SS胸と言う事ですが、余りにも慎まし過ぎて服の上からだと膨らみがまったく分からん(笑)。
お前はRJさんか!
正直まな板過ぎるので、S胸か、もう少し大きくていいならM胸に換装しても良いかと思います。
服を着ると絶望する。
むしろSS胸ボディの換えが無いので、S胸にしておくのが無難かと。


doll-390


ネクタイピンは後付けです。
それにしても原作からしてそうですが、ネクタイがシンプルすぎて何も書く事がないや(笑)。


doll-391 doll-392


アームカバーは非常に危険な黒。
これに限りませんが、色移りしそうな衣装の裏地は全て白い布で覆われているので、今までのような色移りはそうそうなさそうな感じ。
危険なのはその境目や縫い目なので、そこに触れる場所には、付属のスキンプロテクトテープを巻いておくのが良いと思います。
アームカバーの上部はマジックテープで開閉できるようになっているので、着脱は簡単。
しかし動かしているとズレてくるので、何かしら対策が必要かも知れません。


doll-395


アームカバー上部の飾りも後付け。
それはそれとして、ミクさんの腕にある番号ですが、デカールで後付けとなっています。
しかし私、どうもデカールが苦手で、過去に何回も失敗しているため、今回は無し……と言う事でお願いします。
デカールを貼り付ける場合は、最後にトップコートでの保護は忘れずに。


doll-393


スカートにも、これまた細かい印刷が一杯。
黒と濃い緑でヤバそうですが、保護されているスカートそのものよりも、ベルトの方が多分ヤバイ。


doll-398 doll-394


ロングブーツは勿論真っ黒です。
背面のふくらはぎの辺りがチャックになっていて、履きやすくなっています。
が、このチャック部が曲者で、ここから色移りすると言う報告があり。
プロテクトテープは、腿の境目と、チャック(踵から脹脛まで)の部分に貼っておくようにしましょう。


doll-397


ヘッドセットもしっかりと再現。
1/3スケールだと作り易そうですねー。


doll-399


マイクを持たせてみようかと思いましたが、元々マイク付きなので、どうかなーと思ってやりませんでした。
そんな事気にするなよ、と言われればそれまでですが(笑)。
ちなみに髪飾りは後付けです。
簡単に取り外しできるので、TPOに合わせてどうぞ。


doll-406


パンツは無地の白一色です。
縞パンではありません。
クリプトン公式的には、特に設定はないようです。
好きにすればいいんじゃないかな?
ただ、グッスマのミクさんのフィギュアのせいで、白と言うイメージが強いのは確かです。


doll-407


しかしパンツとしては面白味がないので、公式の縞パンに穿き替えるのがいいんじゃないかな!


doll-403


しかしシンプルだけあって、後ろからだとエロス。
関節が隠れる大きさだから、尚良い。


doll-402

ちなみにブーツは伸縮性がないので、脚を大きく曲げると、しっかりと付いてきてくれません。
ポーズをつける際には注意しましょう。


doll-401


しかしどうも、左側の前髪が浮くので何とかしたい所。
オイルミストを使って押し付ければ、癖が付かないかなあ……。

所で、我が家の桃さんに比べると関節が非常に硬いのですが、これは個体差?
保持力が強いので個人的には大歓迎なのですが。
手首の関節すら硬いですからねえ……どうなんでしょ。


doll-400


ちなみにデフォルトの状態では、左手がパー手、右手が普通手のハンドパーツになっています。
でも面倒なので割愛(笑)。
どちらにしても現状では手に表情は付けられないので、ハンドパーツが届いてからかなー。
まぁセミホワイトのハンドパーツを買えばいい訳ですが、折角注文しているんだしねえ(笑)。


doll-404


そんなこんなで、DD初音ミクの紹介でした。
少なくとも6時間程度では、衣装の色移りは確認できませんでした。
長期間だと分かりませんが、取り敢えず安心して良いようです。
やればできるじゃん、VOLKS。

後は、あくまでもミクさんとして愛でるか、それとも色々とアレンジして愛でるか……ですね。
どちらにしても緑か青い髪と言う制限が付くので(青も微妙ですが)、合うウィッグがあると良いのですが。
ぶっちゃけツインテールを解くと、誰だか分からなくなる可能性大!
しかしその辺りを追求しまくると楽しそうではあります。

まぁ、何にしろ、お迎えした人はしっかりと愛でてあげて下さいね。
飾るだけだったら、フィギュアで良いのよ?

コメント:0

コメントフォーム
Remember personal info

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://mlkt.sakura.ne.jp/blog/2014/10/doll-dd-miku-2.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
【DD】初音ミクをお迎えしてみた レビュー編 from 月光お茶の間雑記

Home > ドール > 【DD】初音ミクをお迎えしてみた レビュー編

フィード

Return to page top

Back to Top ↑