Home > 音楽

音楽 Archive

Olasonic TW-S7

SONY DSC

良い機会なので、PC用のスピーカーを追加購入しました。
一応PC音源の方はオーディオに接続してあるのですが・・・普段はSqueezebox touchの方に接続されているため、PCから音を出すにはDACの設定を切り替えてやる必要があります。
これが結構面倒で、同軸を光に切り替えた上で、音量を大幅に変更しなければいけません。

そのため切り替えが面倒でPCは無音状態で使っていたのですが、友人たちからメッセでニコ動やYoutubeなどのURLが送られてくると面倒な事になります。
イチイチ、設定を切り替えてやる必要が生じるのですよね。

そこで狭いPCデスクの上でも置ける、小型で使い勝手の良いPCスピーカーとしてこちらを選んでみました。
PCだけでなくオーディオ関連でも電源タップが埋まってしまっているので、別途電源が必要が無い物が欲しかった・・・と言うのも理由としてあります。
Bluetooth接続も考えたのですけどね。
あれはあれで接続の切り替えが面倒そうなので、止めておきました(笑)。

全文を読む

久々のCD購入

私も例に漏れず、iPhoneを使っています。
と言っても、今まではiPod touch 4thを使っていたので、iPhone5が初めての購入になります。
分かっていて購入したわけですが、私の住んでいる地域はLTEのエリア外です。
名古屋付近にまで出向けば接続は出来るので、周辺にLTE網がまったくない地域の人に比べるとマシなのかも知れませんが。
しかし本日職場に出向いた所・・・なんと!
LTEで接続できたではありませんか!
数日前までは確かに3Gのままだったので、どうもつい先日、LTEのエリアに入ったようです。
AUのサイトを見ても私の住んでいる地域は表記されていないので、かなりびっくりしました。
自宅まで範囲が拡張されるまでは時間が掛かるでしょうけど、職場で使えるようになったのは実に大きい。
大きすぎる。
ちょっと嬉しい、そんな話でした。
senrihin496.jpg
それはそれとして、Falcomで予約していた『イースざんまい』が届きました。
同時に買うのをを忘れていた『セルセタの樹海 OST』も注文。
ついでに、小野寺南子のベストアルバムも買っちゃいましたー。
カメラ用品にお金を注ぎ込んだため、冬コミ商品は一切手にしなかったので、久々のCDの購入になりますね。
今現在、イースざんまいを聴きながら、この雑記を書いていますが・・・何かこう・・・選曲が偏ってませんかね?(笑)
ボスざんまいは良い感じだったんだけどなー。
嗚呼、もちろん収録曲自体は良い物ですけどね。
一先ず、聴きこんでいきたいと思います。

MDR-1RNCその後

さて、件のヘッドホンを購入したので、数日間使い倒してみました。
20時間程度は使ったとは思いますが、バーンインも進んでいない状態だと思われます。
が、取り敢えず音の感想などを書き記していきたいと思います。

まず、このヘッドホン。
QC15とは違って、電池が切れていても普通のヘッドホンとして使う事が出来ます。
音の傾向は、かなりの低音寄り。
同社製の『MDR-XB』シリーズかと思ってしまうぐらい、低音が出ています。
ATH-ES10辺りと比べると低音は上回っていますが、ブーミー気味の低音かな?
そして若干緩い。 ES10のようなドンッ! ではなくボンッ、と言うような低音ですね。
その音の傾向から、全体的に曇った音に聴こえます。
また低音こそ出ていますが、ハウジング内で反響しているためか、やけに音が軽く感じます。
何と言うか、ラジカセで聴いてような?(笑)
値段から考えれば、これはちょっと・・・と言うような音質です。

全文を読む

Sony MDR-1RNC

最近は、言いたい事は大抵Twitterで言ってしまうので、購入物紹介雑記になっているブログです、御機嫌よう。

本日は「よーし、パパ、QC15買っちゃうぞー」と、ビックカメラに突撃してきました。
何故ビックカメラなのかは、Bose製品は何処で買っても価格が同じなので、だったらポイントが10%付くビックカメラがいいよね!
と言う理由です。
3150円付きますからねえ。
しかしヘッドホンの特設コーナーに、昨日発売されたばかりの『MDR-1』シリーズが!
QC15の札を手にしつつ、フラフラとコーナーに寄って試聴したのが運の尽き。

全文を読む

Bose SoundLink Air digital music system

え~と、前回の雑記を読み直してみて、余りに適当なので、音の感想も兼ねてしっかり書き直したいと思います(笑)。

senrihin483.jpg

今回手に入れたのは、ワイヤレススピーカー。
Bose初のAirPlay対応機になります。
Bluetoothのポータブルスピーカー『foxL V2』をすでに所持していますが、残念ながらBluetoothではどれだけ頑張っても、素人にも分かるぐらいに音が劣化してしまうんですよね。
一応メインでそれなりのオーディオシステムを構成しているので、音楽を聴く時にはどうしても気になってしまいます。
しかしオーディオは正面から聴かないと、残念な音になってしまうのですよね。
でもベッドの上や夜中でもそれなりの高音質で楽しみたい。
以上の流れで、AirPlay対応スピーカーには以前から目を付けていた訳です。

しかしベッド脇に置けるコンパクトな物で、尚且つ軽く、高音質のスピーカー・・・となると、選択肢は極端に狭まります。
対応ミニコンポであれば音質も保障済みですが、場所を取る上に重量もそれなりです。
AirPlay用スピーカーの『Libratone Live』辺りはデザインが良く、音質にも定評があるようでした。
しかし重量は6.5kg。 ベッドサイド・・・置き場所がアクリルケースの上になるので、とても無理です。
こうなったら、PCスピーカーとAirMac Expressの組み合わせでもいいかなあ・・・と思っていた所に、このスピーカーが発表されたわけです。
興味を持って調べてみたわけですが、発売されたばかりだからか、もしくは需要が少なすぎるのか、一向にレビューが出てきません。
焦れていた所で、ビックカメラで実物を発見して試聴。 有線で繋げての試聴でしたが音質はまぁ悪くは無いかな・・・といった感じだったので、購入と相成ったわけです。

全文を読む

無駄遣い

本日はお休みだったので、名駅のビックカメラに出向いてきました。
目的はiPhone5のケースを物色したり、ヘッドホンを物色したり、小型のスタイラスペンが欲しいだとか、まあ色々です(笑)。
ついでに、BF-01Bも持って行くことにしました。
iPhone5を手に入れた今、殆ど使いませんし、いざiPadを使いたい時はテザリングで何とかなりますしね。
ビックカメラに到着したら、そのままドコモショップに入って解約の手続きを開始。
ものの数分で解約手続きは終了。
空いてるっていいね!
2年縛りの解約月なので違約金は発生せず、使用料金は日割りで195円でした。
今までお世話になりましたー。
その後は、1FでiPhoneケースを物色。
以前来た時よりも種類が増えています。
Power SupportのAFP クリスタルフィルムセット for iPhone5の店頭販売も確認。
しかし、USGのガラスフィルムを使っているので、今回は要らないかな。
それはそれとして、エアージャケットはどうしましょうね。
ストラップホールが無いので、物自体は良くても個人的には困るんですよね。
senrihin484.jpg mono926.jpg
話は逸れましたが、スタイラスペンです。
仕事中は基本的に軍手をしているので、iPhoneでメモを取る時はいちいち手袋を外さないといけないのですが、めんどくせえええええ! ・・・と言う理由で、小型のスタイラスペンを所望しました。
仕事用なので、破損前提で適当なのでいいです(笑)。
イヤホンジャックに取り付けて持ち運べる優れ物ですが、端子痛めそうだし、頻繁に取り外す事になるので、iPhoneケースに取り付けたストラップに巻きつけました。
話は全然変わりますが、前回ケースを買いに行った時はLTEの恩恵を受けなかったので、今回はバッチリチェックしてきました。
数値だけで見ると、とんでもなく速いですね。
我が家の回線だと4Mbps程度しか出ませんから、何気に感激できます(笑)。
ちなみに名駅内で約14Mbps、ビックカメラ内で約27Mbpsを記録していました。
問題なのは、元々3Gでそれなりの速度が出ているので、体感的にさほど変わりがない事(笑)。
確かに一瞬でサイトが表示されたりしますが、3Gでも困らないなー、と言う感じ。
動画サイトを見るなら違うかも知れませんが、あえて試す気はないっ。
さて、スタイラスペンを購入しましたが、売り場の角に無線スピーカーが順位付きで陳列されていました。
1位がPhilipsのDS3880W!
売れてるんだ・・・あのドーナッツ(笑)。
かくいう私も、購入を考えていましたが、音の評判が余り宜しくないのでスルーしていました。
しかし種類が少ない・・・もしかしたらと思って2Fのオーディオ売り場に行ってみると。
見つけてしまいました。

全文を読む

何が起こったのか

私の家の音楽環境は、現在ネットワークオーディオで構成されています。
ネットワークプレイヤーはSuqeezebox touch。
iPad用のアプリも、当然ながら対応の物を使っています。
当然と言うか何と言うか、基本的にそちらを使っているので、元からのiTunesと連動したDLNAサーバーの方は放置状態だったのですが、先日、寝転がりながら何か曲でも聴くか……と、Plug Playerを立ち上げてみた所……。
mono906.jpg
……!?
なん……だと……?
馬鹿な……アルバムアートワークが綺麗に表示されているだと……!?
何の事か分からない人が殆どでしょうが、詳細はこちら(笑)。
え~、でも、だって。
私、何も弄ってないよ?
Linkstationのアップデートも実行してなくて、当時のままの1.56だし?
HDDの中の設定のはずだから、外部から何かあったとは思えないし……。
mono840.jpg mono907.jpg
比較用に、以前の記事の画像と並べてみましたが、違いは一目瞭然。
一体、何が起こったと言うのか。
いや、待て。
これは孔明の罠だ。
きっとPlug Playerのアップデートの間に何かがあったに違いない、うん。
違うアプリで見れば、今まで通りのはず!
iPod touhcでMedia Link Playerを起動だ!
mono908.jpg
お前もかー!
mono834.jpg
比較用に以前の物も置いておきます。
iPhone用だと解像度が制限されるのか粗さが目立ちますが、それでも以前の物とは比べるのも失礼です。
どうしてこうなった……。
mono837.jpg mono909.jpg
iPhone用のPlug Playerですと、画面一杯に表示されなくなる分、そこそこ綺麗なジャケットが楽しめるようです。
いや、嬉しいんですよ?
Squeezebox touchを購入したから今はいいのですけど、アルバムアートワークの表示のために、NASの買い替えまで考えていましたからね。
でも原因が分からない以上、元状態に戻るかも知れません。
それにNASの各対応サーバーのアップデートが出来ないのは、Linkstation……と言うかBuffalo製品の欠点なのは違いありません。
その内の買い替えは妥当な判断だとは思いますが……何故なんだろ(笑)。

ホーム > 音楽

フィード

Return to page top

Back to Top ↑