ドールをお迎えしようと考えている人向けの話 その2

2019年6月16日

doll-1172

 

以前の更新から随分経ってしまいましたが、ドールをお迎えしようとしている人向けのお話、その2でございます。
いや~。
実際に書いてみると、難しいですね、これ。
何度文章を書き直しても、納得いかないし、ガッツリ書いても長すぎて読まないな、これ、と言う事で全消しとか。
そんな事を繰り返しておりました。
なので、公開後も加筆や修正を繰り返す事になるとは思いますので、予め御了承下さい。

 

7.ドールってどうやって、どこでお迎えするのですかね

doll-1128

 

身も蓋もありませんが、各メーカーの店舗、またはWebサイトで入手します。

1/3ドールは、基本的には一般流通していません。
例外はアゾンぐらいで、大手の玩具通信サイト(例:ホビーストック、あみあみ)や、大型家電量販店(例:ビックカメラ)などでも手に入る可能性があります。
しかし、やはりそれは例外と言ってもいいので、原則として各メーカーの実店舗、及び公式Webサイトでの入手が一般的となります。

販売方法は、限定数の売り切りスタイルが一般的。
受注販売を行う場合もあります。
各メーカーによってもスタイルは違い、現状で欲しいドールが確実に手に入るのは、スマートドールぐらいでしょうね。

例として、DD、SDをあげておきましょう。

 

最初にSDですが、スタンダード、限定、コーディネート、ワンオフ、フルチョイスのモデルが存在します。

まず、スタンダードモデルですが、その名の通り在庫さえあれば確実に手に入ります。
各店舗、公式サイト通販等で購入できます。
ただしボークスの場合、在庫と言う物はあると考えないほうがいいので、あればラッキーぐらいに思っておきましょう
スタンダードモデルに関しては、予約も可能です。

限定モデルは、各イベントで出される限定ドールです。
各店舗、公式サイト、電話(通販隊)にて販売され、限定数なので大抵はその日の内に売り切れます。

コーディネートモデルは店舗限定の、全てがコーディネートされた完成品ドールです。
定期的に販売されていますが、入手できる店舗は限られています。
取り置きや通販などでは販売されず、先着順のようです。

ワンオフモデルは、特別にメイク、コーディネートされた1体のみの限定ドールです。
主にイベントや店舗などで定期的に出されますが、原則抽選販売となります。
ドルパのオークションモデルも、これに該当すると思って良いでしょう。
値段は青天井となりますけど。

フルチョイスはこれまでの物と違い、受注生産となります。
通常の受注と違うのは、ヘッドやボディを自分で選択し、メイクも指定できる点です。
時間とお金はかかりますが、自分の理想に近いドールが確実に手に入るというのは大きいです。

 

次にDD。
こちらはスタンダード、限定、受注、ドリームチョイスの4モデルになります。

スタンダードモデルは、SDと概ね同じになります。
在庫はあればラッキーな感じ

限定モデルは、主にキャラクタードールとなります。
主にドルパで販売され、昔は実物を扱っていましたが、今は抽選オンリー。
売り切った時点で販売終了となり、再販は原則としてありません。
入手手段はドルパに参加するか、後日のアフターイベントで狙うか。
アフターイベントであれば通販が利用できますが、抽選を突破できる確率は高くはありません、はい。

受注モデルは、期間限定で受注し、申し込めば確実に手に入ります。
ただし頻度は1年に一回程度のペースで、尚且つ、実際に手に入るまでは1年程度はかかります。
すぐに欲しい人には向いていません。
こちらも勿論、店頭の他通販での受注もできます。

近年では東京は秋葉原のDoll Point限定ですが、ドリームチョイスが開始されました。
こちらは好みのヘッド(DDH-01等)の中からメイクのバリエーションを選び、ボディのサイズを指定した上で完成品をお迎えできるサービスとなります。
SDのフルチョイスと違う点は、メイクも完成品から選ぶために、その日の内にお迎えができる事ですね。
気を付けなければいけない点として、スキンカラーはノーマル以外は季節限定である……と言うことです。
4月~9月までは褐色肌、10月~3月まではセミホワイトとなっています。
お迎えを考える場合は注意しておきましょう。

 

大体、こんな感じになりますかね?
取り敢えず、各メーカーの公式サイト、並びに店舗で購入できると言う認識で良いと思います、はい。

 

8.先生! ドールの衣装が売ってないのですが!

doll-1232

 

 

ネットの海をもっと良く探せ。

 

 

ドールを購入後、やはり楽しいのはアウトフィットを買い漁る事です。
女子力が上がる瞬間ですね!
しかし、実際に衣装を買おうと思うと……無いんですよね。
一番なのは各メーカーの専用衣装を購入するのが一番なのですが……ボークスでは、ろくな物は買えませんし。
イベントに行けば漁るほどありますが、地方民には行く事自体が辛い所。
そこで通販限定で、ドール衣装の入手方法をざっと書いてみたいと思います。

 

Amazon
 我らがAmazonでも、ドール衣装の購入は可能です。
 大抵はいつでも購入できるレベルの物なので、品質はそれほど宜しくありません。
 値段なりと言うか、値段以下の事も少なくなく……。
 何でも欲しいぜ!
 と言う場合に利用するといいんじゃないかな?
 また、一時期ドール者の間で有名になった詐欺ショップ(転売)が出店していたりもするので、注意しましょう。
 なので、Amazonで販売しているディーラー様もいますが、大抵はTwitterでアカウントを持っているので、そちらで確認してから手を出すようにしましょうね。

インターネットオークション
 欲しい物を確実に手に入れたいのであれば、コレ。
 ヤフオクが代表されますね。
 多くのディーラーさんの作品が、毎日のように出品しされています。
 衣装は問わず、カスタムヘッド、ボディパーツ等も出品されているので、正直目移りします(笑)。
 ただし、品質の良い物、ブランドと化したディーラー様のアイテムの落札価格は青天井。
 ネットオークションで安く……と言うのは、ドール業界では通用しないので注意。
 ただし、海外メーカーの物に関しては、代理店を通さないためかお安く購入する事が可能です。
 ご利用は計画的に。

ディーラー通販
 各ディーラーさんが通販を行っている事があります。
 一番手っ取り早いです(笑)。
 ヤフオクで6桁前後をウロウロするようなディーラー様の衣装やヘッドも、定価(?)で入手できる幸せ。
 ただ基本的に個人ですし、扱う手芸用品も一般流通での入手です。
 作る数、作れる数には限度があるため、争奪戦となりかねません。
 Google先生の検索でも引っ掛からない事も珍しくないので、情報取集用としてはTwitterが最も有効でしょう。
 ドールオーナーをフォローしておけば、RTで情報が回ってきたりしますからね。

BOOTH
 pixivと連携した、総合マーケットですね。
 近年ではこちらを利用するディーラー様も多く、覗いてみると意外な物が売っている事もあります。

海外ドール代理店
 SEN、DOLKと言った店舗が有名ですかね。
 種類豊富な衣装が、割と簡単に手に入ります。
 ただし、既存の国内メーカーのドールにピッタリと合う衣装かどうかは、実際に着せてみないと分かりません。
 対応ドールの表記が無い場合は、特に注意が必要です。

他メーカーの衣装
 国内のメーカーで衣装が豊富に出ているのは、やはりアゾン。
 基本的にアゾンは50cmドールな訳ですが、DDやMDDでも着れる衣装がチラホラとあったりします。
 勿論保証はありませんし、着れると言ってもM胸までなので、見極めが必要。
 DDはAZO2対応衣装は、着れる場合が多いです。

 

こうして見ると、確実に手に入れたいのであれば、ネットオークションが一番ですかね?
何はともあれ、こんなのを用意してみたので参考にされたし。

 

9.衣装の互換性について

doll-1268

 

衣装を購入するにあたって、気になるのはコレですよね。

結論から書けば、基本的にサイズの違う衣装は着るのは無理があります。
なので、原則として同サイズのドール衣装でなければ合わないと思った方が良いでしょう。
また同サイズであっても、丈や胴回りのサイズは違うので、着れない事も少なくはありません。
言ってしまえば、試してみないと分からない、と言う事です。

 

DDを基準に考えるなら、SDの衣装は大体互換性があります。
ただ胴回りの太さが違いますので、綺麗に着れるかどうかは別問題となります。
では逆にDDの服はSDで着られるかと言うと……胴回りのサイズが違うので、こちらは難しいかも知れません。
基本的には、自分のドールに対応している衣装を買うのが安全。

ただサイズが違っていても、アゾンのAZO2用の衣装のように、DDでも着れる事があります。
勿論全て着れる訳では無いし、実際に着せてみないと分からないのですが、経験から言って体にピッタリとした衣装でない限りは着れる事が多いです。
ただ当たり前ですが、胸のサイズは大きくてもM胸まで。
L胸なぞ論外です。

これは靴に関しても同じです。
特にSDにはヒール足と言う厄介なタイプが存在するので、特に気を付けましょう。
そもそも、普通のドールには履かせる事が……できなくもありませんが、やはり不格好になってしまいますからね。
お勧めはし兼ねます。

最初に結論は出していますが、自分のドールの対応サイズの物を買いましょう、と言う事ですネ。

 

10.色移りってどうなのさ

doll-1278

 

色移り!
衣装等からの色移りは、ドールクラスタにとって最も頭を悩ませる現象ですね。
しかしキャスト製のドールに関しては、ヘッド(顔)以外はそれ程気にする必要はありません。
何せ、メラミンスポンジで擦れば、大体取れるからです。

しかし、ソフトビニール製のドールはそうもいきません。
ソフビへの色移りは、組織に深く浸透するので、もはやスポンジや洗剤などでこすって取れるようなレベルではなくなるからです。
もしソフビに色移りした場合、基本的には削り取るしか手段は無いと思って下さい。
ただ、リムーブジットやドリームレスキューなどの対色移り用の薬品もあるので、それで色移りが消える可能性もあります。
試してみる価値はありますが、完全に色移りが取れるとは限らないので過信は禁物。
では、注意すべき点を幾つか挙げていきましょう。

 

ウィッグネットからの色移り
 基本的にサラン(髪)からの色移りはありませんが、その土台となるウィッグネットから色移りします。
 最近はベージュのネットが増えてきたので、その場合は左程心配はいりませんが、色の濃いネット(特に黒)が使われている場合は要注意です。
 サランラップすらも貫通したりするので、そもそも被せない方が無難。
 しかし、ボークス製のウィッグはサランからの色移りも報告されている極悪品も存在します。
 注意しましょう。
 と言うか、ボークスのウィッグは色移りする物だと思って扱う方が無難です。

衣装からの色移り
 最も多いのがコレですね。
 特に濃色の衣装は注意が必要です。
 黒は基本的に移るものと思えーっ!

 ただ、とあるディーラーさんによると、ちゃんとした物を使っていれば布からの色移りは早々ないそうです。
 実際、品質が怪しそうな中国製の衣装からも、目立った色移りは確認していません(物によりますが)。
 ストッキングなどの極薄の素材の場合や、リボンなどの素材に関してはその限りではないみたいですけどネ。
 特に色鮮やかな布だと、警戒が必要になるみたいです。
 しかし、ボークス製の衣装の色移りの凶悪さはもはや伝説レベル。
 いい加減にしておけよ、お前。

縫い糸からの色移り
 油断しがちなのが、衣装の縫い糸から色移りする場合です。
 裏地に白い布で対策されていても、糸が色付きでダメだったケースが幾つも存在します。
 注意しましょう。

リボンからの色移り
 衣装の飾りとして使われている装飾リボン。
 これから色移りする場合があります。
 生地の方が大丈夫でも、これで何時の間にか……!?
 と言う事もあるので注意して下さい(たまにやる)。

タグからの色移り
 以外と盲点なのが、衣装の裏に付いているタグから色移りする事です。
 購入後、すぐに切り取るか、マスキングテープなどで覆ってしまいましょう。
 ボークス以外での色移りは見た事がありませんけどネ。

金属類からの色移り
 これは主に、ファスナーからですね。
 ボークスのドールの中では色移りが殆ど報告されなかったDDミクの唯一の報告が、ブーツのファスナーからの色移りでした。
 該当部にラップやマスキングテープなどで対策を。

マスキングテープなどの癒着
 対策したと思ったら、その対策したものが癒着して色移りになったよ!
 ……と言う事もありますので、長期間……特に気温や湿度の激しい状態の場合には注意が必要です。

 

ざっとこんな所でしょうか。
基本的には、キャストドールでない限りは、色移りはするものだと思った方がよいです。

 

11.じゃあ、色移りはどう防げばいいのさ?

doll-1263

 

普段は裸に近い恰好で、白い衣装を身に着けておく事。
これが一番でしょうね。
放置時間が長い場合は、ウィッグも外しておいた方が無難です。
それでも移る時は移るので、色移りが気になる場合は予備のボディは用意しておくべきです。
ヘッドさえ死守すれば、他は交換が効くので、金銭的余裕があればどうとでもなります。
しかしDDの場合は売ってるとは限りませんし、財政状況もありますので、出来る限り対策はしておきたいですよね。

そこで対策方法としては、

  • ラップやマスキングテープを使い、衣装が肌に直接接触する事を防ぐ
  • 買ったばかりの衣装は水通し(中性洗剤入り)をする
  • アンダーウェアーとして、白い服を着せておく
  • 衣装の裏に白い布を当て布として縫い付ける
  • 色移り対策用の全身タイツを着せておく
  • そもそも色の濃い衣装を着せない

主だった方法は、この辺りでしょうか。
この中で最も効果的なのは、水通しです。
これを色が出なくなるまでやっておくと、色移りのリスクがかなり減少します。
色止めの薬品を使うのも有効ですね。
ただし素材によって水通し出来ない場合もあるので(エナメル素材など)、その時は別の手段の方が良いでしょうね。

ちなみにボークスが販売しているスキンプロテクトテープは、これ自体から色移り(多分、癒着)したりする事もあるので注意しておきましょう。

 

では実際に色が移ってしまった場合は……。
先にも書きましたが、重症なものは基本的に削り取るしかありません。
ドリームレスキュー、リムーブジット等の薬品で色が落ちる場合もありますが、高価ですし、薬品としての保存期間もそれ程長くありません。
試してみる価値はありますが、過信は禁物。
気になる人は、十分に注意しましょう。

 

12.欲しい物があるんだけど……買うべき?

doll-1126

 

悩んでる暇があったら買え。

 

 

冗談ではないですよ?(笑)

ドール用品と言うのは、売り切りが前提です。
定期的に再販をしてくれるディーラーさんも多いですが、その材料となる物が手に入らなくなってしまったら終わり。
つまり、欲しい物があったら買え!
が、ドール用品の原則です。

とは言え、借金してまで買う物でないのも事実。
でも、後悔したくないのであれば、買っておこうぜ?
と言う世界です、はい。

 

大体こんな所でしょうかね?
他に知りたい事……ある?(笑)

 

その3を追加しました。