PC関連, 買い物, 買い物レビュー

 

Quest2をお迎えしてから半年ぐらい経ちますが、使用率は結構に低いです(苦笑)。
そ・れ・な・の・に!
フルトラ環境に手を出してしまったぞ!

と言う事で、友人がフルトラ環境を構築したと言う事で、羨ましくなって非常に狭い部屋ながら自分も投入してしまった対月です、ご機嫌よう。
無計画すぎて金欠だよ!

 

とまぁ、そんな訳でヘッドマウントディスプレイ(以下、HMD)だけでも満足感はありましたが、そこはそれ、フルトラ自体には元々興味があったので手を出してみました。
やはりね、足まで動いてくれないとね、何か違和感が凄いのじゃよ!
そんな訳で、本日はOculus Quest2を使ってのフルトラについて紹介したいと思います。

 

……とは言っても、主に自分用に書き記すだけなので、実際の詳しいやり方は別途参考記事を掲載してますので、そちらを参照にして下さいね。
あと、VRChatでの話なので注意してね!

 

PC関連, 家電, 買い物, 買い物レビュー

 

VRに付き物なのが、音漏れ問題。
実際にヘッドセットを外して置いてみると、物凄い勢いで音が漏れているのが分かるのですよね(笑)。
Quest2は耳元にあるスピーカーから音を出しているので、当然のことながら何の曲を聴いているのか分かってしまうレベルでダダ洩れになります。
ヘッドホンでなく、スピーカーですから当然ですけれどもね。

とは言えVRでHMDを使う場合は、そもそも個室に一人でプレイしている時でしょうから音漏れは早々気になりません。
しかし音漏れが分かるレベルでの音量となると、当然マイクがその音も拾ってしまう訳で。
ボイスチャットなどでは、相手の声がエコーバックされてしまう形になる訳です。
目の前のアバターから自分の声が聴こえてくるゾ。
普通はそれを防ぐためにもイヤホンなどを利用する訳ですが……折角の無線機だから、ケーブルは少ない方が良いよな?

 

そんな理由から、今回、スピーカーと耳の部分を覆うイヤーマフを購入してみました。
かるーく紹介しますね。

 

一般ゲーム, 買い物, 買い物レビュー

 

そう言えばプレイするだけで紹介してなかったね!

と言う事で、リアルナイトメア2をお届けいたします。
リトルナイトメアと言えば、前作では『静寂と見える恐怖』と言う不気味で不安を掻き立てられる世界観が魅力のゲームでした。
とにかく没入感が凄く、やめ時を失うほどに緊張感がありました。

そんなリトルナイトメアですが、前作を購入したのは、そもそもがリトルナイトメア2が発売された事によるセール中だったためであり、当然のことながら前作をプレイした後にすぐに購入に走ったのでありました(笑)。
とまぁ、そのぐらい魅力のあるゲームだったわけです、ボリュームは少ないけどね!

 

対応機器は、PS4(PS5)/Nintendo Switch/Xbox Series X/Xbox One/PC Digital……と、幅広いマルチ。
PS4とswitchのみパッケージ版があります。

では紹介してきましょう。

 

PC関連, 家電, 買い物, 買い物レビュー

 

VG259Qを購入してから3ヵ月が経過しました。
レビューしたのはつい最近ですけれどもね!
モニター自体には満足していますが、マルチモニターとして使っているSX2262Wと比べると、色合いの差が気になります。
色合い的には写真編集用のモニターであるSX2262Wの上ではあるのですが、経年劣化によって画面全体がかなり黄色くなってきてるのですよね。
そのため、調整をしても綺麗な白色を出すことができず、それゆえに隣の新品のモニターとの格差が気になってしまう訳です。

なので!
更に新しくモニターを投入する事にしました。
私は購入する時は、まとめて揃えるタイプだ!(おかげで金欠)

 

さて、マルチ環境にするなら同じメーカーで同じ型番のモニターに良いのですが、以前から気になっているのがWQHD。
WQHDとは『Wide Quad High Definition』の略で、2560×1440と言う、1920×1080のFHDよりも解像度が上のモニターです。
世間的には2kと表記されることもあるようですが、FHDも2kなので、正確な表記にはならないのですよねえ……。
4kどころかFHDのテレビも導入が難しかった私の部屋では、高解像度のモニターはまさに夢のような話ではありましたが、ベゼルの小型化により32インチクラスのモニターでも十分配置できるようになった訳です。

 

それはさておき、ゲームをする上でも解像度が高い方が綺麗ですし、通常用途でも作業領域は大幅に広がります。
私のPCはRTX3070と言う、高リフレッシュレートにこだわらなければ4kの3Dゲームでもプレイ可能なGPUを搭載しています。
……が、さすがに快適にプレイとは言い難いようですし、37インチクラスでないと文字もかなり小さくなるとの事で、WQHDをメインモニターとして投入する事にしました。

心配したのが27インチのモニターを私のPCデスクに設置できるかどうかでしたが、試しに購入してみた24.5インチのVG259Qが思った以上にコンパクトだったため、一回り大きい程度の27インチクラスなら問題なく投入できると判断。
そうして選んだのは、同じASUSのVG27AQL1A。
日本では昨年の12月に発売されたばかりの新機種です。

 

ドール, 買い物, 買い物レビュー

 

久々のドール衣装の紹介です。

今回紹介するのは、『3人の魔女様』より購入した和服セットになります。
いやですね、ずっと水琴様の普段着を模索していましてね。
最華様は洋服中心なので、水琴様は和服、もしくは和風の服を中心にしようかと画策しまして。
それに先立ち、色々和風の衣装をチェックはしているのですが……割とこれと言うものがないのですよね。
和服のバリエーションが少ないせいもあるでしょうが。

そんな中、良さげなデザインの和服がTwitterのタイムラインに流れてきたのでポチってみました。
ちなみに委託先はゆめみ亭だよ!

 

iPhone/iPad

 

三大キャリアの格安大容量プランが開始されましたね。
私が契約しているauも、2021年3月23日に月額2,728円の『povo』をスタート。
切っ掛けとなったdocomoの『ahamo』は人気がありすぎたためか、現在受付を停止中。
当たり前じゃねーか想定しておけよ……と思わないでもないですが、それでも『povo』と『LINEMO』は置いていかれている感があります。
まぁ、通話品質と安定性、5分間通話無料付きの価格を含めるとdocomoが群を抜いている訳ですから、当たり前と言えば当たり前ですよね。

 

何はともあれ、月額料金が安くなるのは嬉しい所。
ちなみに私の月額料金は、スマートバリューや2年契約の割り引きを差し引いて約4,600円でした。
家族でauなのは私だけなので、povoに切り替えるだけで1,900円程度安くなる計算になります。
契約していたプランは新ピタットプランで、月の使用量が大体3GB前後でしたが、これが20GBまで一気に膨れ上がりました。
正直持て余す容量ですが、ピタットプランでは4GBを超えると値段が変わってしまうので、残り容量を気にしなくて良くなったのは強みですね。

 

PC関連, 家電, 買い物, 買い物レビュー

 

そろそろモニターが端の方が黄色くなってきて、全体的にどう設定しても白色がまともに出なくなってきたので買い替えの時期です。
しかし折角、ゲーミングPCを購入したのだから……と言う事で、思い切ってゲーミングモニターを導入してみる事にしました、ご機嫌よう。

 

そんなこんなで色々検討してみた結果、『ASUS TUF Gaming VG259Q』を購入してみる事にしました。
ただ、私の部屋は狭いので、置けるモニターの大きさには限界があります。
さすがに32インチとか買うわけにはいかんのじゃよ!

しかし、昔に比べればモニターも随分とコンパクト化が進んでいます。
今使っているのが22インチの『EIZO SX2262W』なので、今回は22インチから24.5インチへのグレードアップとなります。
設置して、実際にどの程度のサイズになるのかを確認する意味もあって、こちらのモニターを選んでみました。