Home > 音楽 > パワーアンプとして

パワーアンプとして

  • 2009-01-07 (水) 21:55
  • 音楽

今日は、A-933をパワーアンプとして試してみました。
以前にも1回試したのですが、今回は1時間ほど連続で鳴らしてみました。
さてさて、結果はと言うと、確かにプリアンプを使うより音質に優れているようです。
全体的な音のクリアさが変わりますね。
パワーアンプとして使った後にプリアンプ部に切り替えると、物足りないぐらいです。
このまま使いたいぐらいですね。
……ただし、問題があるのは私の環境の方。
パワーアンプとして使うと、A-933の音量が常にMAX状態となります。
つまり物凄い爆音となるわけです。
それを調整するには、ライン出力からの音量調整ができる機器……つまりアンプが必要になるわけですが……。
今回は、PCのボリュームを低下させて鳴らしています。
基本的にマスターボリュームは下げない方が音質がいいと言われますが、そもそもSE-200PCI LTDはマスターボリュームの調整ができません。
それでWAVE音量を下げて聞いたのですが……適音となったのが、何と音量3%。
滅茶苦茶使い辛いです……(笑)。
さすがに実用には向かないので、元に戻しましたが、そのまま使っていこうとするなら中継機が必要になりますよねえ……。
何か安く済ませる方法はないですかねえ。

コメント:0

コメントフォーム
Remember personal info

Home > 音楽 > パワーアンプとして

フィード

Return to page top

Back to Top ↑