Windows Live Messenger 2009

取り敢えず、カテゴリは細分化した方が分かりやすいんじゃないだろうか、と言う事で、項目を少しずつ増やしていく事にしました。
すでに記事数が400を突破しているのに、今更感がありますが(笑)。
さて、メッセンジャーの最新バージョンをダウンロードしろ、と大変うるさいので、早速バージョンアップしました。
過去にβ版を試しに使ってみた事があるのですが、かな変換ができなくなる不具合等や不満点が数多くあり、すぐに旧バージョンに戻してしまっていたのですが……さて、今回はどうか。


まず、2009ではメインウィンドのスキンを変更できるようになりました。
2009とそうじゃない人との差異は分かりませんが、2009にバージョンアップした人との会話は、メッセージウィンドのスキンも変化するようです。
少なくとも旧バージョンを使っている人は、全て青いシンプルなスキンだったので間違いないでしょう。
使いやすさについては……う~ん、旧バージョンの方が良かったと思いますね。
特にアイコンの表示は、旧バージョンだと小さく名前の横に表示できたのに、新バージョンでは出来ません。
出来ることは出来るのですが、自分の表示アイコンぐらいの大きさになってしまうので、メンバー欄が見辛く……。
微妙すぎる変更です。
また、かな変換は無事にできるようになっていましたが、変換のプロセスが通常と違うので戸惑います。
通常、漢字変換を行うと……例えば私が「そら」と言う文字を変換した場合、
変換ボタンを1回押す=空
2回目を押す=そら(ここで選択タグが出現)
になるわけですが、これが新バージョンだと
変換ボタンを1回押す=空
2回目を押す=空(ここで選択タグが出現)
3回目を押す=そら
と言う風に、1回ボタンを押す手間が増えてしまっています。
何ジャラホイ。
そして、更にメッセージが送信できないと言う不具合に襲われました。
……って、おいおい、一番意味が無い不具合じゃないか!
公式のサポートを見た所、名前に2バイト、つまり全角文字が入っているとダメなようです。
試しに、半角英数字を入れてみると……送れた!
けど、それじゃあ、その場凌ぎじゃないか!
……ただ友人が2009で普通にメッセージを送信してきているので不思議に思っていたわけですが、友人曰く、私との違いはこれを実行しているとの事。
別に普通に変換できるので気にしてなかったのですが、そう言う事ならと修正プログラムを当ててみました。
すると、普通に送信できるように!
……意味わかんね~……。
結論を言うと、旧バージョンで問題ない人は、そのまま旧バージョンを使っていれば良いと思います。
ベージョンアップで思い出しましたが、MTをグレードアップした事は先日お伝えしましたが、何と!
IE系だと画像がアップできない仕様になっているようです。
私も試してみてから気付いたのですが、アップロードでどうしてもエラーを吐いてしまうので、どこか設定を間違ったか!?
と焦ったのですが……どうやら仕様のようです。
何てこったい。
不具合が起こる原因は以下の3つ。
1.Perl 5.8.5 以前のバージョン
2.アップロードするファイルのパスに日本語が含まれている(「デスクトップ」等)
3.ブラウザに Internet Explorer を使用
2は正直どうしようもないので、取り敢えず1を試して……試してみようとしましたが、さっぱり分からねえ!
仕方がないので、火狐をダウンロードしてきて試してみる事に。
そうすると、あっさりアップロード完了。
……無事更新が出来てよかったのですが、Sleipnirから変わる気はないので、これは面倒な事になったなあ……。

PC関連

Posted by 対月