家電, 音楽

え~、最近はND-S1でLosslessがインポートされたclassicだけではなく、AAC192kbpsでインポートされたtouchでも楽しんでいます。
やっぱりLosslessとAAC192kbpsでは音質に差があるようで……恐らくブラインドテストでは判別付かないのでしょうが、一聴して違和感を感じるんだから仕方が無い。
ただ残念ながら、touch4GをND-S1で使用すると数分おき程度にノイズが乗るようです。
一瞬ではありますが、甲高く不快なノイズが、キュッ、と。
しかし、それでも使いたい理由がある!
最近、touchで『Groove』と言うアプリを導入しました。
無料アプリながら、これがまったくもーっと言うぐらい楽しい。
や、余り普段音楽を聴かない人には関係ないのですけどね……(笑)。
私は基本的に、アルバム単位で曲を楽しんでいます。
統一性のないシャッフル再生よりも、アルバムのシャッフル再生が好みです。
……が、iPodには残念ながらその機能はありません。
ので、普段はプレイリストの順番通りに聴いていたりしたわけですが、試しにGrooveを導入してみた所、これが実に面白かった。
このアプリは自分の聴いている曲に合わせて、似た傾向の曲で自動的にプレイリストを作ってくれると言う優れものです。
本当に同じような曲を掻き集めたプレイリストができるので、びっくりです。
touchの方は正直言って9割方東方アレンジだったりしますが、私はタグ情報のジャンルには、 『
toho arrange』としか入力していません。
しかしそれとは関係なく、rockならそれに近い曲を自動的にチョイスしてリストを作成してくれます。
どう言う仕組みなのかは良く分かりませんでしたが、どうやら所有者のライブラリをサーバーにアップして、ユーザーの付けたタグ情報を元に、自動でジャンル等の振り分けをしているようなのです。
いや~、これは面白いですね。

音楽

senrihin368.jpg
殆ど衝動買いに近い状態での入手になります。
本日紹介するのは、audio-technicaのポータブルヘッドホン、ATH-ES10になります。
事の発端は、touchを手に入れ、ベッドで寝転がりながらネットサーフィンをするようになった事。
もちろん普段は椅子に座っていた方が楽なのですが、寝る前のゆったりした時間でも音楽を聴くためにPCに張り付いていなければならず、ちょっと不便に感じていました。
カナル型のイヤホン等は寝転がりながらでも使えますが、これが以外に疲れる。
手持ちのヘッドホンの殆どはケーブル長が3mあり、一番短いMS-Proは前回の雑記のようにとても酷い状態になる(笑)。
……と言う事で、完全に用途限定ですが、ポータブルヘッドホンを買っちゃったんだよ、こんちきしょーめ!

音楽

さて。
基本的に我が家にはそれなりの環境のヘッドホンシステムが構築できているため、椅子に座って居る時に音楽用としてポータブル機を使う事はありません。
しかしたまには、寝転びながら音楽を聴きたい時だってあるのじゃよ!
だからと言って、カナル型イヤホンと言うのはNG。
あれって耳の中に挿入するためか、意外と疲れるんですよね。
外ならともかく、手軽に装着できるオーバーヘッドが理想的。
でも、我が家にあるヘッドホンは、殆どが据え置き機用です。
……ええ、ケーブル長が3mある物ばかりですよ(笑)。
しかし、そこで思い出したのがMS-Proの存在。
このヘッドホン、ケーブルの長さ自体は……正確な数値は良く分かりませんが1.5m程です。
延長ケーブルを使うと、エライ長さになりますけどね。
そこで発掘したK601の変換アダプタを使って、touchに挿して使ってみた。
ドンッ!

家電, 日々の出来事, 音楽

久々すぎるにも程がある雑記ですが、Twitterで呟いているとそれで満足してしまって、書く事が無くなる罠。
でも、Twitterは残りませんからね。
それが良い所と言えば、そうなのですが。
だから、書くじぇ!
新型iPodのモロモロが発売されました。
賛否両論ありますが、先日名古屋に行った時に弄ってきたわけですが、小型のnano。
小さくなったのはいいのですが、同時にnanoの利点を潰してしまいましたね。
正直nanoは余計な機能を付け過ぎでどうかなーとは思っていたのですが、今回でかなり削ぎ落とされてスッキリした感じです。
しかし、あのタッチパネルがいただけない。
とにかく操作し辛い。
基本的に携帯音楽機は画面を見ずに操作できなければ意味がありません。
所が、今回の物は常に画面を見ないと操作できないという謎の仕様となっています。
また画面が小さすぎて、写真等もどうなんだろうね、アレ。
ユーザーは更なる容量増加を望んでいたと思われますが、8GB、16GBの据え置き。
ん~、残念ながら私の用途には合わなくなってしまったようです。

音楽

senrihin355.jpg senrihin356.jpg
ここ最近の戦利品。
と言う事で、jdkBAND 2010と葉加瀬太郎のアルバムをゲットしましたですよん。
Falcomの曲は相変わらずのクオリティで安心。
SMASHING THROUGH THE MOUNTAIN PATHのアレンジがあるかと思ったけど、なかったでござる。
や、jdkバンドと言うだけで内容も見ずにポチったので、どんな曲があるかチェックしてないだけです(笑)。
と言うか、イース7のスーパーアレンジは出ないのですか~?w
もう1枚は、この雑記でオススメされていたアルバムですね。
MS-PROで聴くなら、これなんかどうか~、とは言われていたのですが、探しても見つからない事。
仕方が無いので、konozamaで注文したぜ!
そして、ゆうパックで届いた件。
や、まったく文句はないですよ、うん。
箱大きいけど!
こちらはMS-PROの他に、HD650さんやK601さんで、違う音で楽しめそうなのがいいですね。
普段聴いているのが、打ち込み系ばっかりだからあ。
そして何処かで聴いた事があるなあ……と思ったら、匠だったでござる。
なんということでしょう。

音楽

senrihin347.jpg
 *     +    巛 ヽ
            〒 !   +    。     +    。     *     。
      +    。  |  |   変態紳士の仲間入り
   *     +   / /   イヤッッホォォォオオォオウ!
       ∧_∧ / /
      (´∀` / / +    。     +    。   *     。
      ,-     f
      / ュヘ    | *     +    。     +   。 +
     〈_} )   |
        /    ! +    。     +    +     *
       ./  ,ヘ  |
 ガタン ||| j  / |  | |||
――――――――――――
と言う事でAlessandroのMS-Proをついにゲットしてしまいました。
ゲットしてしまったのですよ!
ついに、変態紳士の仲間入りをしてしまったわけです……。
恐ろしい。
mono456.jpg
さて、MS-ProはGRADOのOEM品で、正式名称は『Music Series PRO』。
RS-1とほぼ同等のヘッドホンだと言われています。
Alessandroという名は付いてますが、ヘッドホンにはしっかりとGRADOの文字が(笑)。
箱も実にシンプル。
ケーブル自体は短く、DAPに使うのに適してそうです。
まぁ……これを外で使うのは、相当どころか、本気でただの変態ではないかと思いますが(笑)。
付属品は、延長コードとミニプラグ変換コード。
延長コードがやけに長い!
そして、接続部が太くて重い!
色々な意味でさすがです。
mono457.jpg
どう見ても民芸品です、本当にありがとうございました。
手持ちのヘッドホンの中でも、群を抜いて安っぽいwww
取り敢えず装着してみましたが……これは……確かに装着感が悪い!
……あ、ちなみにさすがにGRADOは視聴なんてできませんから、覚悟の購入ですよ。
装着は1時間程度が限界……かな(笑)。
音に関してはまだ何とも言えませぬ。
何せ、新しいCDで聴いてるから!
……良く聴く音で試せって話ですよね。
で、バーンインはどの程度かかるのでしょうか(笑)。

音楽

senrihin338.jpg
本日の戦利品~。
戦利品と言うか、整理品と言うか(笑)。
さすがに音楽CDのスペースが酷い事になってきたので、省スペース化する事にしました。
上の写真は手持ちのCDを、メディアパスに移し変えてみた状態です。
同じ枚数のアルバムですが、これだけ厚みが変わります。
いわゆる汎用ケースのみを移し変えていますが、これはかなりの効果が期待できそうですね。
その分、コストも掛かってしまうわけですが……。
ま、売らないで済ますには仕方がないですね。
mono417.jpg
メディアパスにはCDの他に、ブックレット、裏ジャケット、背帯の全て入れる事ができます。
CD自体をコンパクトに収めるなら色々手段はあるのですが、付属品も含めて、となると中々なかったですからね~。
これで汎用ケースを容赦なく処分できると言う物です。