PC関連, 一般ゲーム, 買い物, 買い物レビュー, 音楽

 

折角、ゲーミングアイテムを揃えているのだから、スピーカーも好感しちゃおうぜ!

……と言う事で、つい買っちゃいました、RazerのNommo Chroma!
ゲーミングだから光るよ!

それはそれとして、PCスピーカーとしては長らくOlasonicのTW-S7を使ってまいりましたが、ついに変更となります。
ゲーミングモニターを購入した関係で、テレビを処分し、ゲーム機関係をひとつのモニターに集約する事にしました。
映像と音の出力はPS4、switch共に、ホームシアターシステムの『HT-IS100』から出力しています。
しかしPCの音をホームシアターに接続してしまうと、コンシューマゲームをしている時にPCから音が出せないんじゃないかと言う疑惑が出てきたので、PCスピーカーは別途新調する事にした訳です。
試してませんけどね!

取り敢えず、ある程度音質が良いもの、ゲーム的に音の方向が分かるもの、できるだけコンパクトなものの3点を考慮して色々検討した結果、行きついたのがNommoでした。

そのNommoにも種類があり、『Nommo』と『Nommo Chroma』、そして『Nommo Pro』と3種類あります。
この中の内の『Nommo Pro』に関しては日本未発売ですが、サブウーファー付きの2.1chと言う立ち位置です。
ではNonmmoとNommo Chromaの違いはと言うと、USB接続できて光るかどうか……になりますね。
それ以外の違いは殆どないみたいですが、ノイズまみれのPCに接続するならUSB接続しか考えられないのでお高いNommo Chromaの方を選択しました。

 

一般ゲーム, 買い物, 買い物レビュー

 

Steamでセール中だったので、気になっていたリトルナイトメアを購入してみてみました。
お値段80%OFF!

このゲームは、バンダイナムコが発売していますが、開発はスウェーデンのTarsier STUDIOSと言う会社だそうです。
いわゆるインディーズゲームの一種ですね。
PS4、switch、Steamと展開されていますが、今回購入したのはSteam版です。
ゲームしてから投稿までがスムーズでいいね!(SSのコピー的な意味で)

 

リトルナイトメアのジャンルは、『サスペンスアドベンチャー』だそうです。
ホラーではないのか……?(困惑)
ともかく、主人公の少女『シックス』を操作し、惨劇と謎に挑んでいく形のゲームとなります。

 

基本は横スクロールアクション

 

ゲームとしては、奥行きがある横スクロールアクション……と言った感じでしょうか。
チャプターごとにステージが区切られ、ステージ間の移動はできません。
各所にあるギミックを乗り越えつつ、先へ進めていく感じになります。

ゲームオーバーはなく、道中で死亡してもセーブポイントに戻されるだけ(夢として扱われる)なので、繰り返し挑戦が可能。
死亡原因は、敵に捕まったり、即死ギミックに引っ掛かったり、高所からの落下死が大半となりますね。
基本的に、理不尽な内容のものはなかったと記憶しています。

 

光と闇が織りなす不安を感じられる世界観

 

主人公の『シックス』はどことも知れない場所で目覚めます。
画面は暗く、見通しが悪いことが大半です。
頼りになるものは、手持ちのライターのみ。
その灯かりも照らせる範囲が狭いので、とにかく不安感が増します。

 

 

もちろん暗いばかりではなく、行く先には光が照らす居住空間も数多くあり、様々な障害が待ち受けています。
しかし居住空間ともなれば、『人』もいるわけなので、それらからも逃れなければいけない訳です。

 

不安を掻き立てさせる怖さ

 

このゲームは、基本的にびっくり要素は殆どありません。
最初から姿が見えて居たり、登場時にゆっくり姿を見せてから行動に移ったりと、心臓が飛び跳ねるような場面は記憶にないです。

その代わり、見えているからこその恐怖を味わうことができます。
この先、どんな展開があるか……と言う事が容易に予想がつく展開が多いのですが、その分、行きたくないと言うじわじわとした不安と恐怖感をたっぷりと味わうことができます。

先に進むにつれ、その割合が多くなっていくので、最後まで緊張感をもって楽しむことができますね。

 

基本的には逃げるだけ

 

シックスは居住空間と比べるとかなり小さい体で、まるで人形のようです。
とは言っても、DLCの主人公である『ランナウェイ・キッド』も同じ大きさなので、主人公が小さいというよりも周囲が大きい……と言った感じでしょうか。
ライターや懐中電灯持ってますしね。

彼女らからは巨人とも言える住人たちに、抵抗する術はありません。
できる事は、ただ逃げるだけ。
基本的にはスニーキングをし、見つかったら棚の隙間などに隠れてやり過ごします。
とは言え一筋縄ではいかなく、少しでも音を立てると駆けつけてきたりと、何とも厄介です。
しかし必ず攻略法はあるので、何度でも挑戦して行動パターンを覚える事が大事になります。

 

ただし操作性はクソ

 

しかし、このゲームの難易度をあげている原因の一つ……と言うか、その大半が操作性です。
ジャンプ、ダッシュ、掴むのボタンがそれぞれ独立しており、場合によっては3つ同時に操る必要が生じます。
押し間違える事も多く、ゲーム内での死亡原因の大半は、このボタンの押し間違えになります(当社調べ)。

また判定も微妙で、確実に掴めたと思ったものが掴めなくて落下死したり、掴むのボタンを多用するのに自動では登ってくれなかったりと、割とストレスが溜まります。
特に他のゲームをしていると、押し間違え多発。
この辺りは、何とかして欲しかった所ですね。

 

ゲームとしては短い

 

このゲームのクリア時間は、初見で5~6時間と言った所です。
そもそも実績に『1時間以内に死亡回数ゼロでクリアする』と言う項目がある以上、突っ走れば1時間以内に追われる程度のボリュームしかありません。
それぞれのチャプターごとに、ノームと人形の数の実績はありますが、特にやり込み要素という訳でもないので、通常販売のお値段だと高く感じるかも知れません。

また、ゲーム内での謎は特に解説される事もなく、そこかしこにあるヒント(?)を元にユーザーの想像力に委ねられています。
その分、考察のし甲斐はありますが、逆に言えば目に見えて解き明かされる訳ではないので、不満に思う人もいるでしょう。
ただ、最終的にはそう言う意味だったのか!
と思えるような要素もあるので、こればかりは自身でプレイして味わってみて下さいね。

 

まとめ

 

リトルナイトメア2の発売に合わせて、セールされたリトルナイトメア。
楽しめる時間を考えると、フルプライスでの購入は正直お勧めはしかねますが、ゲームとしての完成度は高いと思いますので、入手のチャンスがあればぜひプレイしてみて下さい。
実は私、動画で見てしまったのですが、自分でやれば良かった……とちょっと後悔したゲームでもあります(苦笑)。
ですので、リトルナイトメア2は初見で遊んでみたいと思います。

 

PC関連, 一般ゲーム, 買い物, 買い物レビュー

 

ゲーミングPCを購入して、今までコンシューマでできなかったゲームがやれる、楽しい!

 

と言う事で、本日はSteamでアーリーアクセス版として公開された、(株)Binary Haze Interactiveが手掛ける『ENDER LILIES: Quietus of the Knights』を紹介させていただきます。
アーリーアクセス(早期アクセス)とは、ようするには開発中で正式リリース前のゲームとなります。
Steamでゲームを買うようになって、初めて知りました!
安く購入できる反面、未完成で終了する場合もあるので、その辺りは理解が必要にはなりますね。

 

それはそれとして。

この『ENDER LILIES』は、ジャンル的には2DアクションRPGになります。
レベルも存在し、上昇することにより徐々に強くなってはいるようです。
前のMAPに戻ることがほとんどないので、実際強くなっているかが実感できないのが難点。

購入の切っ掛けは、デモを見て世界観と音楽に惹き込まれたからでした。
この作品は、『死の雨』によって生きとし生けるものが狂暴な生きる屍へと変貌した、滅亡した王国が舞台となるダークファンタジーです。
美しくも死が蔓延する世界を探索し、謎を解き明かしていく事になります。

 

買い物, 買い物レビュー, 雑貨

 

完全なマスク社会になってしまったこの頃。
私も毎日、当然のように身に着けています。
ただ、それに関して困ったことが出てきてしまいました。
それは、マスクをしていると眼鏡が曇る問題です。

 

いやですね、屋内だと多少曇る程度は良いのですよ。
しかし仕事中……特に、運転中に眼鏡が曇る。
これはいただけません。
冷たい外気に触れて、マスクから噴き出る温かい息で、眼鏡が真っ白に曇る。
運転中に、これは命にかかわります。

そんな折、眼鏡の曇りを抑えられる眼鏡拭きが紹介されていたので、さっそく購入して使ってみました。
その効果は如何に……?

ドール, 買い物, 買い物レビュー

 

まぁ、購入したのは1年前のアイドールですけれどもね!

 

今回ご紹介するのは、あいまいみどる様が製作されている、ガントレットとグリーヴです。
DD用とMDD用、西洋風Ver.と和風Ver.が存在しますが、今回お披露目するのはMDD用の西洋風Ver.の方。
ヤフオクでも完成品を出品されてはいますが、その落札額は10万円以上。
もちろん配色や時期によって前後しますが、それぐらい支払う覚悟がないと手に入らない逸品です。

ただ、イベント等ではレジンキットとして販売されています。
自分で組立・塗装する自信があれば、運が良ければお手頃な価格て入手することが可能です。
私も幸運にも入手することができたのですが……仕事が肉体労働と精神を消耗することも多い仕事とあって、ヤスリがけからどうも先に進まなかったのです。
道具はしっかりと揃えたのですけれどもね……(苦笑)。

そんな折、友人のひとりと話しているときにそのような話題を出した所、代わりに組立と塗装をしてくれる事になりました。
もちろん、出すものは出したよ!
そんなこんなで完成し、ようやくお披露目となったわけです。

 

PC関連, 買い物, 買い物レビュー

 

皆さん、元気よくVRしてますか!
私は……年末年始で仕事が忙しくなり、しかも疲労で眠くなるのでクリスマス前ぐらいからこの記事を書くまでの間、一度も仮想現実してません(苦笑)。

 

さて。
それはともかく、Quest2はVRヘッドセットとしては中々優秀な部類だとは思うのですが、いかんせん重量バランスがよろしくありません。
顔の前にに500gの重みが集中するので、当たり前と言えば身も蓋もありませんが。
VRゴーグルは少しでも定位置からズレると、途端に視界がボヤけたりと位置関係にはシビアですから、プレイ中にずり落ちないようにバンドをきつく締めなければいけません。
そのおかげで頭を万力で締め付けられるような痛みを常時味わえるので、長時間のプレイどころか1h程度で痛みで限界が来てしまいます。

これはバンドで頭を強く圧迫しているのが問題なので、頭の後ろにカウンターウェイトを取り付けて前後のバランスをとってやれば、バンドを締め付ける必要もなくなり、装着感は随分と改善される……ハズです。
公式のEliteストラップの購入も一瞬考えたのですが、あちこちで破損の報告を聞いていると、どうも手を出し辛くありますよね。
なので、今回は安価に対策品を用意してみる事にしました。

 

PC関連, 一般ゲーム, 買い物, 買い物レビュー

 

VRゲームを楽しんでいて、スマホやPCでポロンポロンと通知音が鳴ったりしてるけど、HDMを装着しているのでチェックしたくてもできない。
あると思います。
私はありまくりです(笑)。

そこで、VR内にPCのデスクトップやウィンドウを投影できるという『XSOverlay』を投入してみました。
こう言ったタイプのアプリはいくつかありまして、代表的なものは、

らしいですね。
Virtual Desktopはちょっと違うような気はしますが(笑)、一応Oculus Link上だとVRCの画面の上にデスクトップを投影できたりしたので、数に入れておこうかなと!(でも同時使用は不可)。

そんな訳で軽く感想をば。